このお部屋はごく普通の事が普通に書かれているごく普通の日記の部屋です


過去の日記へ
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月

1月13日
数日前のハードオフのJUNK棚の端にこっそりと置かれていた
表面コーティングが劣化してドロドロのキーボードを見付けました★


「KORG DSS-1」☆☆☆
1986年に発売された、KORGのサンプリングシンセサイザーです☆
基本的にはサンプラーなんですが、取り込んだ音の波形をアナログのシンセサイザーで加工出来るというwww
トンでもないシンセサイザーです☆☆☆

アナログですよwww、サンプリング機能を除けば
基本的には8ボイス・16オシレーターのアナログシンセサイザーなので、出音が分厚いという特徴があります☆

サンプリング機能にしても12-bit 48KHzの分解能しか無いのですが
やろうと思えばさらに16KHz・24KHz(標準は32kHz)のローファイなサンプリング周波数にも下げられてww
特徴的な他の音にも埋もれない音にもなりそうです☆

アナログシンセの波形は自分で作る事が可能です☆
普通はプリセットされている三角波とか矩形波とかとは全く別の自分だけの波形が作れます☆
まぁ、普通の波形を作った方が役に立ちそうですけどww

KORGはこの機種以降、プッツリとサンプラーから手を引いてしまい
サンプラーが再び復活したのは、私が持っている1996年のTRINITY・オプション内蔵用サンプラー基板セットと言う事になり
10年もの長い間KORGからはサンプラーが出なかったそうです★

□ □ □

この個体の状況としては、電源コード(超貴重品の2芯電源コード)が無いために動作確認不能と言う事で
2000円の値が付いていました☆ww(安っ!!!w)

私は偶然にも2芯コードを持っていたので、店頭で動作確認して
発音と全鍵盤は問題無い事を確認☆、液晶表示も問題無し☆(バックライトすら点きます☆)
問題があるのは2DDのFDD読み込み不良と言うか動作不能のみという状況★

ちなみにこの機種、電源入れても音は全く出ません★wwwwwwwwwwwwwwww
FDから音色ディスクを読み込まないと音が出ません★
FDDが使えず、どうしても動作確認がしたい場合は、まず最初に自分でオシレーターの波形を作れば良いのです☆
波形の作成だけで、最短で1分ほどで音が出せますw

とりあえず確保しましたが、巨大で19kgほどあるキーボードを持って帰るのは物凄く苦労しました★w
(40分以上歩いて帰ったよw)


劣化した表面コーティングさえ落とせば綺麗な物です☆


スライダーとボタンだけでダイヤルは液晶表示のコントラスト調整のみです☆


何というか、昔のオーバーハイムのMatrix6を思い出しますねw

KORG公式サイトからの取り扱い説明書のダウンロードは無いので
KORG USからダウンロードしましたが不完全版でした★
完全版は300P超えの説明書なのですが、そちらを探してダウンロードすべきだと思います★
しかし、いくら過去の製品だからと言って、製造元が説明書などを保管してないとかはどうかと思いますが★
まぁ、私も昔の漫画原稿とか全ては持って無いからなぁ★www


中を開くと基板がぎっしり詰まっています☆
たった6本のビスを外すだけで開いてくれます☆
どうやら保管環境が良かったらしく、ほとんど埃は入っていませんでした☆
清掃の必要すら無い品です☆


これが動作不良のFDD★


厚みのあるFDDです★、ディスクを入れてもアクセスランプすら点きません★
モーターは回転してるのですがね★


CanonのMD350です☆


なんてこったw、ダイレクトドライブww
この時点でベルト交換で直るという希望は無くなりましたww


この基板のハンダ割れを修正しましたけど、動作はしませんでした★


代わりに、どこにでも転がっているPC用のFDDを使います☆


TEACのFD-235HGです☆
参考にしたのはカリヨンオーディオさんのココ
作業は簡単で、10ピンのパターンをカットして、10ピンと12ピンと繋げて
33ピンと34ピンを繋げるだけと言う簡単な物です☆w


繋げてフォーマットさせると始まりました☆


正常動作するFDD☆
ただし、厚みが薄くなったために上に隙間が出来ていて、うっかりFDを差し込むとどこまでも入ってしまうので
ゴムシートか硬めのスポンジで閉じた方が良いですね☆


色がアイボリーになってしまいましたが、これはコレで有りでしょう☆www
FDDの上の台のような場所はFDを置くための物なんでしょうか???
演奏してたらFDをバッシャーとかやると思うんですがwwwジョイスティックと場所を入れ替えた方が良かったんじゃ・・・?


次はサウンドディスクを作ります☆
ディスクイメージはネット上に転がってるので、それをDLして使います☆
DL可能な枚数は120枚を超えますww

16bit OSのWindows95か98が必要なんですが
インストールディスクを使っても今のPCだと弾かれて何故かインストール出来ませんでした★
(S-ATAの光学ドライブだと、ドライバが読み込まれないので止まっちゃう気がする★、BIOSでIDE互換に・・・)

仕方ないのでWin95の起動ディスクからHDDにSYS転送して起動し(他の全ファイルもコピー☆)
そこからディスクイメージを2DD FDに焼いてくれるソフトのCopyQMを起動しました☆
このソフトはフォーマット前の2DD FDを要求するそうなので
2HD FDの識別穴をテープで閉じて使います☆(これでフォーマット前の2DDと誤認してくれます☆)
正常に焼けてるみたいです☆


DSS-1に入れて読み込み・・・


読み込み完了!!☆

このSYS:Aという表示は、フロッピーの中のシステムAの中の音色を読み出しましたよと言う意味です☆
フロッピーの中にはA〜Dまでの最大4種類のシステムがあって、それぞれに最大32音色!
1枚のフロッピーディスクに最大128音色も保存されているのです!!☆www
まぁ、サウンドディスクの中にはもっと少ない音色のディスクもあるのですが・・・★w


正常に音が出ました!☆
昔ながらの太い荒い音が1枚のFDに32音色(実際は最大128音色w)入っています☆☆☆

音色によってはノイズが出る音色もありました★(たぶんデジタルディレイのノイズ★)
それを避ければ十分魅力的なアナログサウンドが手に入ります☆☆☆

まぁ、私は店頭でノコギリ波を作って鳴らしただけで購入を決めましたが☆www


新年明けましておめでとうございます☆☆☆

1月5日
Nikon F5のファインダー接眼部にカビを見付けたので★
ファインダーの清掃をしました☆


ど真ん中に派手なカビです★
入手直後には透明で薄いカビだったので気が付きませんでしたが
次第に濃くなって来た様な気がするので、緊急に清掃が必要な感じに・・・★

基本的にニコン・サービスセンター経由で工場修理した場合
中古のDP-30が2〜3個買えそうな修理代になります★ww

ここは覚悟を決めて、壊すつもりで自力修理するか
そこそこのお値段でメーカー修理に出すか
中古のDP-30を買うかの選択肢になります★

失敗しても中古を買えば良いと思えば覚悟も決まったので
私は自己責任の自力修理でいきますが、皆さんはこの記事を読むだけにして

決してマネをしないようにしてください!!★★★

(一応、立派?な社会人としての建前として、書いておかないとねwww☆www)


まずは視度補正ダイヤルを外すためにカバーを外します☆
今回の作業で最も難しいのが、このカバー取りでした★
まぁ、アレです★、この写真を見て良く観察すれば意外と簡単に外せる事が分かります☆
多少の傷は仕方ないですが★

中のビスを外せばダイヤルを外せます☆
軸は必ず奥へ押し込んでおいてください☆
(何言ってるのか分からない場合は、素直にメーカー修理へw)

あとは左右のビス4本と、ストロボシュー近くのネジ1本を外せばカバーを外せますが
かなりしっかりと固定されている為、そう簡単には開きません★
カバーの材質が硬いチタンなので、無理に開こうとしてもカバーが曲がって開いたりしないんですよ★w

iPhoneのバッテリー交換のつもりで慎重に開けば、必ず開きます☆
iPhoneとか開いた事無い場合は止めておいた方が良いかと思います★w


開きました☆
ちなみに、調光モードの切り替えレバーは中央部重点測光にしておけば、真っすぐカバーが外せます☆
(というか、それ以外の位置だとレバーの凸が折れて再起不能だと思います★)

カビ取りしたいファインダー部分がフレキ基板で隠されてしまっています★
ここで引き返すなら、カバーをそのまま閉じてくださいw
これ以降は引き返す事が出来なくなります★

次に視度調整用ダイヤルの根っこを光の速さで取り外しておきます☆


このフレキ基板は3D-マルチパターン調光用のCCDと集光レンズで出来ています☆
スプリングと3本のビスで微妙な角度に調整されていますので、必ず戻し回転数+角度を記録しておいてください!!
個体ごとに違うと思うので全て同じ回転数ではないはずです★

おそらく組み立て時にはCCDからの信号を測って調整してるはずですので★
回転数+角度が違ってしまうと、CCDに正確に光が当たらなくなり、露出値が変わってしまいます★
(どうやらPC接続してRGB信号を12x20のセルに256色の相対値で表示させて調整可能の様です☆)

最悪、レンズを付けたボディに付けて光を入れて
絞り優先モードで最もシャッター速度が速くなった角度にすれば良いかとも思いますが・・・、どうかな???
多分無理でしょうね★ww

一度外したら前と同じ露出値には戻らないと思った方が良いでしょうね★
このフレキ基板を外す時は、そう言う覚悟をしてください★


これがCCD用の集光レンズ☆、その奥に緑色のCCDも見えます☆
絶対にフレキケーブルに無理が掛からない様に注意して折り返します☆
かなり硬めのフレキなので、無理して切れたりすると、そこで全てが終わります★


このカバーの奥にファインダーの接眼レンズがあります☆


やっと接眼レンズが見えて来ました☆
カビは一番奥のレンズに生えていました★
良かった〜☆、この場所ならこれでカビを取れます☆
プリズムに生えていたら、さらに大がかりな分解が必要になるところでした★w


無水エタノールとかではカビは取り切れないので
いつもの特効薬で取ります☆w、これならほとんどのカビは一発で綺麗になります☆
その後、無水エタノールで綺麗にして
しつこく何度も拭き残しやゴミや埃が無いのを確認して元に戻します☆


カビの清掃完了したF5ファインダー、DP-30☆


やっぱり綺麗なファインダーは気持ち良いですね☆☆☆

しかし、ファインダーやレンズの中とか、どうやってカビの元が入り込むんでしょうかね?w
うちの170Lの防湿庫内は常時40〜50%の湿度に調整されているので
防湿庫にさえ入れておけばカビの発生は抑えられると思いますが
念のために防カビ剤も新品に交換しておきました☆、これで安心!!☆☆☆


過去の日記へ
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月