このお部屋はごく普通の事が普通に書かれているごく普通の日記の部屋です


過去の日記へ
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

11月12日
CDP-X33ESの読み込みが悪いディスクがあるので
ピックアップ周辺の清掃☆


画面の下側にピックアップレールがありますが
オイルを引いてしまったので、今回はそれを完全に清掃します☆


本来、このピックアップレールにはオイルを塗らずに
完全に脱脂した状態で組み込まれているはずです☆


レールの受け部のメタルも脱脂します☆
オイルが付いているとホコリを取り込んでピックアップの移動が重くなってしまいます★

とりあえずの清掃で何枚かは読み込めるようになりましたが
3枚だけはどうしても読み込めないので、CD-Rに焼いてコピーしました☆

このCDプレイヤーも全く読めない状態から直した物なのでww


11月8日
正直、自力で持って帰って、2階へ2本持ち上げるのは
至難の業★wwww


だって、1本41kgもあるんだぜww

まぁ、持って上げるけどね☆ww


疲れた★
明らかにラックが貧弱で横向きに揺らすと簡単に壊れそうだけど、まぁいいww
少しは補強してあるし☆w

今はコレでいきます☆w


「DIATONE DS-97C」☆☆☆☆

ツィーターは2.5cmD.U.D.構造のボロン☆
スコーカーは12cmアラミド+カーボンのセンタードームはS.R.チタンドーム☆
ウーハーは表面がアラミド+カーボン、内部がハニカム構造という、どれもが現代ではもう作れない贅沢な一品☆

DIATONEにしては超珍しいフロア型のバスレフタイプです☆

これを買った決め手はなんといっても、「フロア型」だと言う事!!
フロア型なら、スピーカースタンドが必要無いっ!!!!!

自分的にはメインスピーカーのウーハーは何が何でも30cmクラスが必要で
低音が出ようと出なかろうと、見た目で30cmは無いと迫力がないじゃんっ!!!
30cmだよっ!!、30cm以上じゃなきゃスピーカーじゃねぇぇんだよぉぉっっっ!!!!!!!
とか思ってるので、メインスピーカーの選択肢は大型に決定☆

大型のブックシェルフ型だと、どうしてもスタンドが必要なんだが、正直大型スピーカーに合うスタンドを見つけるのは現在ではほぼ不可能★
面倒なので、スタンドの要らないフロア型で・・・☆

と、そこにたぶん昨日のTA-F555ESRを売り払ったのと同じ人の持ち物だったと思われる
このDS-97Cが出ていたので購入☆、と〜いう訳さ☆☆☆

正直、近所じゃなかったら絶対に持って帰らなかったよっ!!!!!!!wwwwwww
お買い上げしなかったよっ!!!!wwwwwwwwwww

近所で持って帰れる距離だったから、持って帰りました☆ww

まぁ、スピーカーの扱いには昔から慣れてますからね☆
しかし、40kg台のスピーカーを、ユニットを抜かずに自力運搬したのは初めてだった☆w


とにかく重い★、重いんだが、そのおかげで
豊かな低音が味わえるはずです☆☆☆

まぁ、2本目を上げてる最中に右腕が変な音を立てたのは秘密です★
大昔にRVFが倒れるのを支えようとして左腕がメキメキと鳴った時と同じです★
まぁ、そこまでは酷くは無い軽傷ですがww、メキくらいです★
強引に2階へ上げましたが、それ以降、もう持ち上げるのは無理になりました★
あとは座布団の上に載せて移動ですww

DAIATONEの密閉型の低音コントロールの難しさはDS-505で長い間苦しめられましたので★★★
いや、本当に置くだけじゃ全く出ないんですよw、密閉型は低音がww

スピーカーケーブルはホームセンターに売ってる安いキャブタイヤの4芯☆
あんまり純度の高いの使っちゃうと高音がキンキンするし
15kHz以上はもう私には聞こえないし・・・★ww


こっちはテスト用に買った「ONKYO D-052AX」
音の広がりだけを楽しむのならこちらで十分かと思います☆
ちゃんとフロントバッフルもMDFで作られていて、吸音材も中に入ってます☆w
安いのだとフロントバッフルはカッコ良くてもプラ製だったりとかしますからねぇ・・・★

□    □    □

何曲か軽く聴いてみましたが、やはり小音量で右chから音が出ません★
ボリュームを開いて音を大きくすると出ますが、出るか出ないか微妙な音量にすると
バリバリと音を立てます★
スピーカーを痛めるとキツイので、修理します☆


背面パネルのスピーカー端子の基板の中に問題のスピーカーリレーがあります☆
これを出すためには手前にあるコンデンサとトランスが邪魔ですので
トランスとコンデンサを外して・・・

なんて事はしません☆www、もっと簡単に修理しちゃいます☆w


中から駄目なら外へ出しちゃえばいいんです☆ww
箱なんか飾りです☆、Gシャーシが全てを受け止めます☆☆☆w


簡単にスピーカーリレーへアクセス可能です☆


カバーも簡単に外せるので、ハンダコテを使う事も無く、手を入れられます☆


紙にコンパウンドを付けて磨きます☆
端子の表面には銀が蒸着してある気がしますが、それが酸化して駄目になっています★
磨いて地金が出てくるまでやっちゃいます☆
あとはアルコールで清掃して完成ですが、そのままだとすぐに表面が酸化してしまうので
秘密の処置をします☆ww


こういうオーディオ用のリレーって、ずいぶん昔に秋葉原からも消えていますので
オムロンの代用品でなんとかなるみたいです☆w


小音量から綺麗な音を出してくれました☆
修理完了なので、もうあとは音を出しまくって楽しむだけです☆ww

思う存分、大型スピーカーをドライブしまくりましょう!!☆☆☆


11月7日
11月に入ってからずっとインフルエンザで行動不能になってました★★★wwww
やっと熱が引いてきたのですが
インフルは熱が引いても2〜3日間は感染力が残ってるので注意が必要です★

今日は無停電電源装置のAPC SUA 1000JBのバッテリー交換☆


埼玉の時から使ってるSUA 1000JB☆
USB端子でPCと繋ぐだけで、デスクトップPCにバッテリー表示が出る面白機械☆ww


交換する新しいバッテリー☆
同じのが2個必要です☆


電源入れたままホットスワップに挑戦☆ww
まずは前面パネルを外して、内部のねじを2本外して金属扉を開きます☆


そのままバッテリーを引き出すとこんな感じ☆


端子を外して取り外しは終了☆


バッテリーを外すと警報が鳴りますが、そんなに五月蠅くは無いですw


新しいバッテリーを同じように合体させて組み込みます☆
適当に梱包テープで合体させました☆ww
バッテリーの上側にはテープを貼らない方が良いと思います、空気穴みたいなのがあるので・・・


端子を取り付けて組み込み完了☆!!
簡単!!、超簡単っ!!!!!☆☆☆


組み込み直後にテスト動作させてみましたが、何も問題は無し☆


古いバッテリーはガソリンスタンドへ持って行って、有料で処分してもらいます☆


純正のラベルを剥がすと、GSのバッテリーでしたw
新しいのは1Ahだけ容量アップですね☆ww
これで数年は大丈夫です☆

□  □  □

ひと段落したところで気分転換に近所のブックオフへ☆

「スピーカーから音が出ません、ヘッドフォンにて音確認」で、アンプがニーキュッパでした☆ww
wwwwなんだよw、どこの安物アンプだよ???wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


おいっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!

伝説の天下に名を轟かせたSONYの555シリーズじゃねぇかっ!!!!!!!!!!!wwwww
最強の電源部を持つ伝説の555シリーズ!!!

「SONY TA-F555ESR !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

それがニィキュッパWWWWWWWWWWWWWWW
ぶはぁっ!!!www

おかしい!、近所のブックオフというか、周辺のリサイクル屋はみんなどこかおかしいっ!!wwww

正直に言うと、関東では既にこのクラスの中古品は出尽くした感があって
私が以前住んでいた埼玉周辺では全く見なくなっていました★

しかし関西ではまだ出てくる・・・・・・!、しかもおかしい値段でっ!!!!!!!
見付けた瞬間にキープ&お買い上げ☆☆☆wwwwww


スピーカーから音が出なくても、保護回路が解除されてヘッドフォンからの出力はあるんだったら
修理可能だろうと思ってお持ち帰り☆(メッチャ重いwww)
ほとんど傷も無く、ホコリを取れば綺麗になるでしょう☆


適当なスピーカーに繋いで音が出ないのを確認します☆

とりあえずインプットセレクタを標準位置へ設定して電源入れてスピーカーをAにしてボリュームを上げて・・・
CDプレイヤーをスタート☆


「♪〜♪」

・・・うん★、良い音だ〜♪☆・・・・・・・・

「♪〜♪〜〜♪〜☆」


・・・・・・・・・・・・・・・・えっ!!!!!?

「♪〜♪〜〜♪〜☆♪〜♪〜〜♪〜☆♪〜♪〜〜♪〜☆♪〜♪〜〜♪〜☆」

!!!!!!!!!!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

音が出るじゃんっっっっ!!!!!!!!!!!!!

修理出来ないじゃんっっっっ!!!!!!!!!!!!wwwwwwwwwwwwwww


すんませんw、たったのニッキュッパでTA-F555ESRを手に入れてしまいました☆
しかも美品☆

なんだか年内の運を使い尽くす勢いの様ですwwwww
たぶん買った値段だとボリュームのアルミムクのツマミすら買えないと思いますwwwww
すみませんw

□   □   □

内部を掃除するために天板を開こうとしたのですが、外れません★
悪戦苦闘する事、10分★

外れました☆w
フロントパネルと天板の食い込むところに固めのダンパーゴムがあって
それを乗り越えないと外れない仕様です★
あと、ケースの横側に凸があって、天板を横に開かないと凸から外れません★

思い切って開けば開きます☆w
決して後ろに引いては駄目です★、そっち方向には絶対に開きません★

元に戻す時も、慎重な思い切りが必要です☆ww


天板を開くと、ホコリだらけwwww


エアダスターとブラシで丁寧にホコリを取りました☆


プリアンプ部は左横に配置してあります☆


巨大なトランスとコンデンサ☆
現代のオーディオ機器では絶対に使えない部品たちです☆☆☆
Gシャーシといい、アルミムクのダイヤル類といい、おそらくもう二度と生産されないオーディオ専用品の数々☆


過去の日記へ
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月